HOMEビジネスオリジナルパッケージソリューション > 商圏シミュレーション

商圏シミュレーション

ハフ商圏シミュレーション

商圏を含めた自社店舗のポテンシャルを測定することは、
確実な戦略策定の効率化につながります。

商圏シミュレーションは、自社小売店の周辺地域の市場ポテンシャル、交通アクセス、競合施設の分布状況から、地区別の自社店舗シェアを算出するもの。商圏地区の設定や、販売額理論値を導き出すことが可能になります。

ご活用いただける例
新規出店候補地の物件評価
競合店出店時の影響分析
地区別ポートフォリオ分析(地区別集客数の実績値と理論値の比較分析)
既存店舗の営業力分析

ハフ修正モデルによる商圏シミュレーションフロー

ハフ修正モデルとは
アメリカの経済学者デービッド・ハフ博士が考案した小売吸引モデルの理論である「ハフモデル」を、当時の通産省が日本向けにアレンジした小売吸引率算出の手法。「ある地域の生活者がある商業施設で買物する確率は、商業施設の規模に比例し、そこに到達する時間に反比例する」というもの。

重回帰分析

“売上高は何によって決まるのか?”
それを詳細に分析することが、売上予測のカギです。

重回帰分析とは、マーケットの市場性を予測したり、関連性を導き出す際に最も一般的に使われる統計手法です。売上高が何によって決定するかがわかれば、それを説明する数式を用いて予測が行えることになります。

例を挙げると、自社の既存店の売上高と店舗&商圏内地域データの相関を調べたら、店舗面積が大きいほど、また30代人口数、年収700万円以上世帯数が多いほど、高い売上を計上していることがわかったとします。その関係を数式に置き換え、新店の店舗面積や商圏内人口データをその数式に代入すれば、売上高が計算できます。

ハフ修正モデルの商圏シミュレーションと違い、商圏エリアを設定することはできません。またモデル式を組み立てるのに時間がかかるという欠点があります。しかし一度モデル式を作ってしまえば、スピーディに予測を行うことができ、また自社の売上を牽引する要素を分析(要因分析)することが可能となります。

またこの手法を用いて、通信販売の折込広告に対する効果的なエリアセグメント(未配布エリアの反応率を予測し、予測値が高いエリアを配布地区として選別する)の提案を行うことが可能となります。

折込広告や各種媒体のご相談・お問い合わせは下記よりお気軽にご連絡ください。[お問い合わせフォームへ]

このページのトップへ

読売IS

ビジネス

  • 会社情報
  • ニュース
  • 採用情報
  • お問い合わせ
  • おりこみナビ
  • orikomi power